Img_853c5594d6727b5c16902ff40a609e20
仙台にナチュラルカラーの羊毛を(もちろん染色羊毛も!)豊富に取り揃える
お店が出来たことを知り、早速出かけてきました。

原毛屋ヒツジゴト (Click!) 


普段はネット通販を利用していたので、
たくさんの羊毛を前にしてテンションが上がりました。
オーナーさんも気さくなお方で話が弾みました。
Img_0333bafa84aeaa6066b61edff0a3f041
ネット販売をしていて楽しみなのはお客様とのやりとり。

横浜のお客様から今の季節の街の様子を感じたり。
宮城のお客様なら、勝手に知り合いが増えた気持ちになったり。
他県のお客様からその土地の様子を教えていただいたり。

うきうきした気持ちになります。

本日の1枚は宮城のお客様のもの。
「初めまして!こんにちは!」という気持ちを込めて荷物を送りました。
Img_62f4f88b0b93f1ea527a2165e116ad67
日曜日のアルネというイベントがあると知り、出かけてみました。

緑化計画として2つ買いました。
鉢カバーはトイレットペーパーの芯です。
Img_3ef7856444ec7370c41edcfa05fe5911
半端糸を再生するために、ひとまずバケツへ。
双糸(2本より合わせた糸)の半端糸は色合いを考えて継いでツギイトに。
編んだらカラフルな霜降り模様になるのでは?と想像します。

気が向くとハート模様になるように糸を編みます。
意外と時間がかかるので、
本当に気が向かないとしないんですけれど。
これはラッピングに使います。
Img_36ca5998070ca68b3a01bfe3fed6df2d
織った後、機に残った糸を継いでカラフルな糸を作りました。
捨てるに惜しく、使うには半端な長さの糸。
この問題にやっと本格的に着手。

玉になっているのは継ぎ糸とリネン糸の双糸。
ラッピング用に使います。
かせ糸は色糸と白糸の双糸。
これは何に使うか思案中。

材料をうまく循環させていきたい。
気持ちはあっても生活の一部として取り入れるのが難しい。
心の余裕が必要。

すき間時間に修行として作業をしていこうと思います。